運動会はチームワークの掟。

更新日:2019年8月3日

#運動会 #スポーツは武器になる #社内チームビルディング #親子参加 #親子リレー #TorotoNo1SportsFestival #トロントで運動会 #メンバー募集 #応援は武器になる #どげんかせんといかん




運動会の思い出を一つあげるとしたら。それはなんですか?


小学校のはじめての運動会、一年生のときに初めて感じた、あんなに多くの人が集まって、何かしてる場にいる興奮と喜びと少しの恐怖。


中学校の運動会、縦割りのクラスで憧れの先輩と話す。


高校の運動会、それは運動会というよりプライドを掛けた男の闘い(好きなあの子にいい姿みせたい。)だった。


子供を運動会に参加させる年齢になったこと、歳をとったなぁと思う一方、いろんな形で可能性を感じる一日でした。


何に可能性を感じたか。きっとこれは大人になってやった方が良いということ。それと子供のときに運動会をしっかりと経験すること。


参加者の声から聞いてみる。


<大人>

  • 子供の頃にもどっちゃうよね。楽しんじゃいました。

  • 純粋に学生時代を思い出した

  • 運動不足もいいところ。50mも走れるわけないでしょ💢。

  • ちょっとに本気だしたけど、大丈夫だった?だって抜かれそうだったし。

  • U5.6(低学年)のリレー可愛かったね。

  • 興奮しすぎて覚えてない!!リレー最高!

  • みんなでがんばったから、優勝できて最高です。

  • 全員一丸となる種目が盛り上がった純粋に笑えた。

  • 意外なあの人が、あんなに早いなんて・・・新鮮でした!

  • 他の学年の保護者の人と接することができて、良い時間を過ごせました。

  • 日本式の日本のスポーツ運動会を子供に体験させてくれて本当に感謝しています。

  • お父さんが転んだ。(ひとのハプニングは面白い。)

  • 既に来年が待ち遠しい

<こども>

  • コーチがおもしろかった。(いつも怖いからね。)





  • 途中で抜かれて悔しかった。(そう、その悔しさは君を強くする)





  • 大玉さわれなかった。(おっ これかな。)





  • 来週もやりたい。(おいっ。ここはサッカースクールだ)