「回していいとも。」第2弾

更新日:5月1日

#トロント #スポーツ #サッカースクール #イベント #日本語 #英語 #PADAY #習い事

#保護者 #youngathlete #勉強 #子供 #遊び #ノースヨーク #キッズ #コーチ


みなさんこんにちは!

しょうたコーチです。


2021年はサッカーが出来たり出来なかったりな年でした。そして2022年はサッカーが出来ないから始まる年のようです。困った困った。

そんなこんなで今できることを探して、半年ぶりにブログ更新しようと一念発起しました。



題名にもある通り、「回していいとも」第2弾です。

第1弾は2019年度シーズンまでコーチをしてくれていた、ちひろコーチでしたが今回はこの方!



U5.6ヘッドコーチのまひろコーチです。

艶やかな髪をなびかせ、モデルのようなシュッとしたスタイルでコーチングをしているのを見たことがある方もいるのではないでしょうか。

そんなまひろコーチですが、本当はどんな人なのでしょう。さあ、インタビューで深掘りしていきましょう。


 

しょうたコーチ(以下:しょ):それでは名前と年齢をお願いします。

まひろコーチ(以下:ま):山本眞大(まひろ)21歳です。


しょ:OK笑 今は何をしているんですか?

ま:トロント大学で心理学と哲学を勉強してる。

しょ:それは何で選んだの?

ま:2年目からいろんなコースを取るんだけど、その中で一番惹かれたのが心理学だった。先生がいい人だったし、内容も面白かったから。哲学はしゃーなし。笑


しょ:なるほどね。じゃあ本題ね。笑 いつからサッカースクールのコーチをやってるの?

ま:14歳くらいだから2015年くらいからかな?

しょ:それまではJFT(JACの前身)のサッカースクールに参加してた訳だけど、どうだった?

ま:10歳くらいまではめっちゃ運動神経良くて小三頃に現地校でリレーチームに選ばれたりとか、サッカーもいたカテゴリーの中では上手い方だった。でも12歳くらいかな、めっちゃ太って。足が早かったのにめっちゃ遅くなったりして、上手い人たちと差がつき始めた。だからめっちゃサッカー嫌いになってJFTも大嫌いだった

しょ:まあね、子供って太る時期あるもんね。

まひろコーチ(当時13歳)

ま:そう、だからお母さんに嘘ついて休もうとしてたりした。


しょ:何でサッカー始めたの?

ま:まずお父さんがサッカー好きでやってたし、あもん(兄・JACカメラマン)もやってたからその流れでかな~。


しょ:じゃあ何でコーチ始めたの?

ま:それも成り行きかな。あもんがやってたし。高校でボランティアアワー必要だったしちょうどいいかなって。とりあえずやってみようかなって感じだった。


しょ:やってみて当初はどうだった?

ま:確か一番最初はヒロ(現U5.6コーチ)を教えてたんだよね。覚えてるのが、その頃のヒロはめっちゃウザくてめちゃくちゃ舐められてた笑

しょ:ちゃんと成長したね笑 コーチングが楽しくなったきっかけとかはあるの?

ま:U7.8を教えてた時に、メニューとか考え始めたり練習をリードし始めたあたりから、責任感を感じ始めて変わっていったかな。


しょ:今U5.6を担当してるけど、どんくらいやってるっけ?

ま:元々はサダル(現U7.8ヘッドコーチ)がU5.6で俺がU7.8だったけどそこが変わって、4年くらいかな?

しょ:U5.6のコーチになって最初はどうだった?

ま:めっちゃ嫌だった。U7.8がすごく好きだったし、うるさそうだし、めんどくさそうだし笑

しょ:その気持ちは変わった?

ま:変わったね。今は「俺がU5.6のコーチだ」って言いたい