「会いに行こう」企画。日本人消防士編

#トロント #スポーツ #サッカースクール #イベント #日本語イベント #親子イベント


先日、「会いに行こう」企画でバーリントン消防署で活躍する消防士の徳山和治さんに会いに行く親子向けイベントを開催いたしました。


子供が大好きな大きな車、人の役に立つ大人、普段近くで見られないお仕事の様子を子どもたちに見てもらう企画です。当日はトロントはもちろんの事、バーリントン、ミルトン、ハミルトン、オークビルエリアからの参加者が参加してくれ、子供大人合わせて33名の参加者で大盛況でした。


もともとはMakotoコーチが同じサッカーチームでプレーする徳山消防士からお仕事の話を聞いてますが本当に仕事をして毎日市民の安全を守っているのか確認も含めてw伺わせていただきました。


一般的に男の子が大きな車や乗り物が好きな理由、ご存知ですか?人類の歴史上、人は自分たちの領土を広げて生き抜く時代の繰り返しでした。どれだけ早く領土を広げるか試行錯誤し、そのために動物や乗り物を駆使して領土を広げるDNAが男子には入っているからとも諸説いわれています。(今回はガールズ参加者もいたのですが、男の子に負けじと興味津々でした。)



みんなの前で説明するカズ消防士

まずは大きな消防車の倉庫に連れてきてもらい、みんなの目がきらきらしています。

サイズの違うそして役割の違う消防車を丁寧に説明してもらいました。


Q:ベルが鳴ったら出動。さて何秒以内に出動しなくてはいけない?)










答え:90秒





子どもたちが興味津々のホースの一部


Q:車体に書いてあるPは、どんな役割がある車でしょうか?














答え:Pump 放水車のP






キッズが一番はしゃいだ車体ライトの点灯